第30回IRATAトレーニングコース技能審査の結果

6月9日、今回のトレーニング参加者16人のうちの、8人の技能審査が行われました。
レベル3の更新がひとり、新規レベル3がひとり、新規レベル2がふたり、残る4人がレベル1です。
アセッサーは、今年2度目のティビ カントー氏です。
12時間かけて、はるばるルーマニアからお出でになりました。
IRATAのアセスメントは、学んだ技術をなによりも安全に演じることができるかどうかを審査します。そしてIRATAマンとしての品格もみられます。
アセスメントはサクサクと進み、全員合格かと思われましたが、初めてレベル3にチャレンジしたヤマさんが、ダブルプロテクションの原則に反するリスクの高い行為を演じてしまい、メジャーデスクレパンシーで不合格!
力が足りませんでしたね。もっと落ち着いて行動しましょう。
カラビナのネジを閉め忘れたり、アイディのハンドルの閉め忘れをやらかして、やっと合格した人もいましたが、ほとんどの人が優秀な成績で合格されました。おめでとうございます。
テクニックが優秀でExcellentで合格かと思われた人も一人いましたが、筆記試験の出来が芳しくなかったのが災いし、Very Good … 今後はお勉強のほうもちゃんとやって知識を増やしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です