定例の産業用ロープアクセストレーニング

9月28日、ビッグロック日吉店で、定例のロープアクセストレーニングを行いました。
北海道、群馬県、茨城県、東京都、千葉県、神奈川県から、12人のご参加を頂きました。
来年2月1日の政令改正と省令改正により、2022年1月2日以降、高さが6.75メートルを超える箇所での作業では、フルボディーハーネス「墜落制止用器具」の使用が義務付けられます。
産業用ロープアクセス(ロープ高所作業)でも一般の高所作業は行うので、器具の説明とリスクアセスメントを行い、事故を想定したチームレスキューの展示をしました。
詳細については、あらためて記したいと思います。
次回の講習会は、10月26日の予定です。
ふるってご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です