アンカー設置作業の 安全の良否の検証

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

早速ですが、年明け早々 渋谷区の某マンションにおいて、窓ガラス清掃のためのインフラ整備計画が持ち上がり、ロープ高所作業で何とかならないかとの相談がありました。
そのため、作業者が天井伝いにボルトを打って進む工法の、安全の良否の検証を、ビッグロック日吉店で行いました。
現場は、高さ地上60mで、しかも約1.5メートルのオーバーハングです。
ケガ等により、作業者が動けなくなった場合のリスクを考えてみると、許容できない大きさなので、現場の作業チームによるオンサイトレスキューを、あわせて検証してみました。
結果は、以下に示す写真のとおり作業可能で、安全も十分に確認できました。
救助にかかる時間を短縮するための改良点も見つかりました。

捕捉しますが、当該現場における はしご車での救助は高さ的に無理で、車両の乗り入れも困難でした。
東京消防庁の優秀なレスキュー隊でも こんな救助は対象外である理由は、高所作業は足場のある環境で行うのが原則だからであり、消防が行うレスキューは規則に則って普通に作業を行っている人が対象だからです。

いうまでもなくロープ高所作業は、足場の設置が合理的でない場合に採用される特殊な手法であり、そんなロープ高所作業を安全に行うためには特別な訓練と資格(IRATAトレーニングとライセンス)が必要なのです。

皆様、今年もどうぞ ご安全に

ロープにぶら下がった状態で天井にハンマードリルで穴を揉みます。

ボルトを設置してロープをリアンカー状態に取り付けます。

作業者はリアンカーに取り付けたロープに移動します。

ハンマードリルで二つ目の穴を揉みます。ボルトの間隔は45㎝

ボルトを設置してロープをリアンカー状態に取り付けます。

作業者はリアンカーに取り付けたロープに移動します。

移動にはアイディを2個使用します。クロールは救助が困難になるので使用しません。

水平移動はエイドクライミングのほうが簡単かもしれません。

あえてエイドクライミングを避けたのは救助が面倒になるからです。

ハンマードリルで三つ目の穴を揉みます。ボルトの間隔は45㎝

ボルトを設置してロープをリアンカーに取り付けます。

作業者はリアンカーに取り付けたロープに移動します。

ケガ等により作業者が動けなくなったことを想定して救助の開始です。

救助者はロープを登高をしていますが実際には下降でアクセスします。

救助者はボルトとリアンカー伝いに要救助者へ近づきます。

救助者はボルトとリアンカー伝いに要救助者へ近づきます。2

救助者はボルトとリアンカー伝いに要救助者へ近づきます。3

救助者はボルトとリアンカー伝いに要救助者へ近づきます。4

要救助者の下降器具をコントロールしてスナッチレスキューの開始です。

いわゆるロープトゥロープトランスファで、中級者レベルの技術ですが…

アイディレスキューなので、IRATAレベル1の免許で容易にできるはずです。

要救助者側のロープをリリースしました。あとは二人で降りるだけ

当該作業の指揮者にはIRATAレベル3の免許と同等の技術が必要です。

 

第32回IRATAトレーニング 3日目

8月29日 IRATAトレーニング3日目
「ディフィカルトエッジ」の通過をやりました。
ロープ損傷のおそれがある鋭角部の通過です。
屋上から壁面にアクセスする場合、笠木の通過がこの「ディフィカルトエッジ」に該当しますが、ビルの窓拭きの「ブランコ作業」で普通にできます。
しかし、キャットウォークの「ディフィカルトエッジ」すなわち壁のない空間への下降は困難で、「ブランコ作業」の範疇を超えています。
「ブランコ作業」は技術的に限界があるので、IRATAでロープアクセストレーニングを積む必要があります。

シャープなエッジからロープの切断を防ぐ方法を教えます。

産業用ロープアクセス(ロープ高所作業)では、EN- 1891タイプAの規格に適合したセミスタティックロープを使用します。
当該ロープの破断強度は、規格で22kN以上と定められており、直径11㎜の場合、メーカーが示す最小破断強度は一般的に30kNです。
たかだか作業者一人の体重で(レスキューの場合は二人ですが)切れるようなヤワなモノではないのですが、刃物との接触は危険です。
事実、ステンレス製の雨樋のシャープなエッジに接触してロープが切れてしまい、墜落死亡災害が発生してしまった事例は、東京のガラスクリーニングの現場で頻発し、話題になりました。

養生を施す前に、ロープアがエッジに接触して、切断してしまう可能性があります。

再発防止対策として「適切な養生の設置」が考えられましたが、「養生」を施す前に作業者が足を滑らせる等によりバランスを崩す可能性があり、ロープがエッジに接触してしまう危険性が大きな残留リスクとして残りました。
あれから9年… いまだガラスクリーニングの協会・団体からは明確な回答は出ていません(リスクアセスメントが終わっていません)が、次回のFTGロープアクセス講習会(8月24日のビッグロック日吉店及び9月21日のアルテリア)で、当該リスクを許容範囲まで低減した安全に下降できる方法を教えたいと思っています。
それは、ロープをシャープなエッジに接触させずに下降する方法です。

興味のある方はご参加ください。