東京GCAのロープ高所作業特別教育

5月9日、品川の城南職業能力開発センターにおいて、東京GCAの「ブランコ作業」に特化した「ロープ高所作業特別教育」が開催され、33人の受講者が熱心に受講されました。
さて、規則では「メインロープとライフラインは別々の支持物にほどけないよう確実に緊結しなければならない」と定められています。
だからといって、左の写真のようなロープの取り付けは、絶対にやってはいけません!
法規は安全の最低基準にすぎませんから、それを文字通りに受け取って、写真のようなロープの取り付けをするのはおバカです。
なぜバカなのか、わからない人は、インストラクターをやってはいけません。
むろん、理解できない作業者を作業に従事させるのは不安全ですし、事故が起きても不思議はありません。

同様に「ブランコ台は身体保持器具である」と定めてもらったことをいいことにして、接続器具(下降器具のこと)をブランコ台に取り付けて、ハーネスのD環には接続させる必要はないというブランコ作業のメソッドは、下降器のメーカー(ぺツル)の取扱説明書に逆行しているだけでなく、リスクアセスメントの観点からも、改善が必要であると思われます。
ブランコ台というものは、作業者の体を安定させ、作業を楽にする安全な道具ですが、墜落から作業者をまもる安全帯のような保護具ではないのです。
本来(ISO-22846に準拠するならば )、身体保持器具は、EN358及びEN813に適合するD環を有するハーネスを指す、といわねばならぬものです。
いまの国内法(安全帯の規格)のもとでは、ロープ高所作業の安全確保は十分とはいえません。
安全確保が困難である根拠のもう一つに、ディビエーション及びリビレイをする限りにおいてライフラインは使用しなくてもいい(一本吊OK)という経過措置のおろかさが挙げられます。
講習会が終わってアンケートに目を通すと、「ブランコは危険な作業…云々」と記した受講者が少なからずおられました。
2ロープ2ポイントの「ダブルプロテクションの原則」を提唱するISOに準拠する限り、ロープ高所作業(産業用ロープアクセス)はもっとも安全な高所作業のメソッドなのですが、ひとことにロープ高所作業といっても、ブランコ作業は不安全なものであると、受講者にはちゃんと理解してもらえたようでした。
ご安全に!

事故の再現と救助の検討-2

宙づり状態の要救助者を、引き上げて救助する一般的な方法をやってみました。
消防のレスキュー隊と同様の救助方法です。
救助にかかる最少人数は3人でした。
これにより作業計画は、4人で1チームとする必要があることが分かりました。
しかしIRATAが得意とする下降モードの救助方法は、たった一人でもっと早い救助が可能です。
知りたい方は、ぜひIRATAの門をたたいてみてください。
目からうろこの知識と技術がいっぱいです♬

要救助者に取り付けた引き上げ用ロープをルーフローラーで保護します。

標準的ホーリングシステム、3:1のメカニカルアドバンテージで引き上げます。

要救助者が障害物に引っかからないよう介錯する人が必要になります。

要救助者が障害物に引っかからないよう介錯します。

要救助者が障害物に引っかからないよう介錯します。

要救助者が障害物に引っかからないよう介錯します。

要救助者を二人で引き上げます。

要救助者を二人で引き上げます。

引き上げ完了です♬ 救助に要した人員は3人でした。

事故の再現と救助の検討

労働安全衛生規則539条の改正で「ロープ高所作業」が公に認められるようになったのは良いことですが、反面「ロープ高所作業特別教育」さえ受講すれば業務に従事できる!といった乱暴な風潮が生まれてしまったのは残念でなりません。
「ロープ高所作業特別教育」は4時間の学科と3時間の実技です。
十分な教育ではありませんが、労働安全衛生規則は安全の最低基準なので、法的にはこれでよいのでしょう。
しかし技量の稚拙な作業者を世にはびこらせる原因の一つになったことは否定できない事実です。
それは近年ガラスクリーニングの現場で、メインロープがほどけた、ブランコ台に乗り損ねた等による宙吊り事故が何件も発生していることが証明しています。
宙づり事故を再現し、救助方法を検討してみたところ、頒布等によるロープの養生は、摩擦でやぶれる、ロープアが食い込む等の難があることがわかりました。

ビルの宙吊り事故を再現してみました。

橋梁でも宙吊り事故の可能性はあります。

満足な道具もなく引き上げるのは困難でした。

布養生はロープが食い込んで引き上げが困難で、ベクトルを変える工夫が必要になりました。