第34回:IRATAトレーニング の審査の初日

1月18日、アセスメントの初日です。
7人のレベル1研修生が審査を受けました。
アセッサーはお馴染みのマーク バレンタイン氏です。
結果は5人合格、2人失格となりました。
失格者の一人は、エイドクライミングで自己確保が1ポイントになってしまったことが指摘されました。
ロープアクセスはダブルプロテクションが原則ですから、失格は当然です。
もう一人は、フォールアレストシステムによるクライミングで、ノープロテクションになってしまったことが指摘されました。
昇降設備(垂直のラダー)を登下降するさいに、墜落制止用器具(安全帯)をちゃんと使用しないのは、安全意識の欠如です。
いずれもメジャーデスクレパンシーと言われても反論できません。
それでも、運よく明日、再審査が受けられるということなので、二人とも同じ間違いを繰り返さず、ぜひ合格していただきたいと思います。
アセスメントの最後に、アセッサーからエッジマネジメントの講釈師を任命され、私が一席披露したのは言うまでもありません。
ご安全に

第34回:IRATAトレーニング 3日目

1月16日、トレーニング3日目です。
昨日から、トレーニング会場には30人も集まっています。
こんなことは前代未聞の出来事ですが、17人の受講者に対して8人のトレーナーとサポーターが5人も揃うのは、普通ではありえない現象でしょう。
8人のトレーナーの中には、それぞれ東北、関東、関西、九州の各地で、産業用ロープアクセス講習会を開催している人もいて、自分の勉強として無給で参加されています。
またサポーターの諸君は、レスキューの要救助者役などで、トレーニングのお手伝いで参加していますが、もちろん無給です。
無給でもこれだけ多くの人が参加する理由は、繰り返しますが、自分の勉強のためにほかなりません。
すなわち、レベル1からレベル2へ、レベル2からレベル3へと、各々階級を上げるためやライセンス更新のためのの勉強です。
みなさん大したモチベーションの持ち主ですが、IRATAトレーニンは合格してライセンスを取得したら、それで終わりではないのです。
合格してからの勉強が重要です。