墜落制止用器具だけに頼った作業は 墜落のリスクが最も高い

周知のとおり、来年2月から安全帯の使用が原則禁止になり、墜落制止用器具(フォールアレストハーネス)の使用が義務化されます。
要は、墜落の危険から作業者を保護するフォールアレストシステムがISOで定める国際標準と同等になるということで、ペツル製品のユーザーには何の問題も生じません。
これまでの安全教育やKY活動では「安全帯を使用すれば安全が確保される」とよく言われてきたものでしたが、実際には安全帯を使用しても墜落災害は防げなかったことから、このような法改正となったのでしょう。
だからといって「安全帯はいけません。安全は墜落制止用器具を使用すれば確保されます」と論じたりしたら、チコちゃんに叱られます。ボーっと生きてんじゃねーよ

なぜなら、墜落制止用器具による作業者の保護すなわちフォールアレストシステムは、リスクアセスメントにおけるリスク低減対策では最低レベルの「保護具の使用」にすぎないからです。
高所作業において「墜落制止用器具の使用」は最後の砦であり、これが抜かれたら墜落災害の発生です。

したがって、墜落制止用器具に頼る前に、効果の高い根本的対策または工学的対策を講じる必要があるのです。
やむをえず墜落制止用器具に頼る場合は、下方のクリアランス確保(墜落の途中で障害物に激突しないこと)および宙吊りからの救助対策が万全でなければなりません。
とくに足場の不安定な作業環境で墜落制止用器具のみに頼ると、危険きわまりないことは以下に示した写真でわかるでしょう。
ご安全に

足を踏み外したり手が滑ったりしたら間違いなく墜落します。こんなのは作業禁止です!

墜落制止時にランヤードがシャープなエッジで切断する高い可能性があります。作業禁止です!

他のランヤードで体を支えて墜落を未然に防止する必要があります。(ワークポジショニング)

U字吊りで体を保持して墜落を未然に防止する必要があります。(ワークポジショニング)

低い姿勢になることで高いリスクのフォールファクターを低く抑えることが可能です。

端部は墜落の可能性が高いので墜落制止用器具だけに頼るのは不安全です。

墜落制止用器具を使用しても リストレインまたはワークポジショニングで確保するほうが先決です!

端部では墜落制止用器具とワークポジショニング(身体保持器具)の併用で安全を確保します。

 

本当はここまで対策を立てないと安全が確保されたとは言えない「墜落制止用器具」の使用

墜落の危険がある高いところで作業するときは、足場のほかに囲いや手摺りを設置して行うのが基本ですが、囲い又は手摺りの設置が合理的でないときは「墜落制止用器具」を用いて作業者を保護しなければなりません。
「墜落制止用器具」は、墜落の危険から作業者を保護するための保護具です。
ただし保護具の使用は、リスクアセスメントのリスク低減対策において、最も低いレベルの対策にほかなりません。
「墜落制止用器具」は最後の砦で、これが抜かれたら即、墜落災害が発生します。
したがって墜落災害を未然に防止するには、「墜落制止用器具」よりも もっとマシな対策(ワークポジショニングやワークリストレイン)を立てる必要があり、「墜落制止用器具」でグランドフォール(地面にたたきつけられること)を免れたのちの救助計画も、同時に必要になります。
安全はご安全に

二丁掛ランヤードは墜落制止用器具の背面のD環にセットするのが一般的だが

胸部のD環に取り付けるのもOK この場足、宙吊りでの快適な姿勢が確保される。

墜落制止用器具は墜落阻止時に発生する危険な衝撃荷重を6kN以下に低減するための保護具

ショックアブソーバーが開くことにより衝撃荷重が低減される(その分 墜落距離は長くなる)

囲いや手すりがない高所では,墜落制止用器具で作業者を墜落の危険から保護するが、墜落を未然に防ぐことは不可能…ではどうするか?

墜落制止用器具の取り付け箇所とは異なる場所に調節型ランヤードを取り付け、ワークポジショニングを講じて墜落を未然に防止する。

安全に完璧はない。ワークポジショニングに失敗する可能性は0%ではないし、失敗すれば墜落する。墜落した作業者は、落制止用器具によって保護される。

墜落して、墜落制止用器具で宙吊りになると、サスペンションイントラレンスの危険があるので、直ちに救助しなければならない。

二人のロープアクセステクニシャンが救助に向かう。

ロープで吊り上げ(ホーリング)て、墜落制止用器具の二丁掛ランヤードを外す計画だ。

白いロープで吊り上げ、伸びてしまったエネルギーアブソーバーに見立てた青いスリングを外す。

スリングが外され、要救助者は二丁掛ランヤードからロープへ移り替わった。

あとは、ホーリングシステムをロワーリングシステムに替えて、要救助者を地面まで下ろすだけ…だが

仮にロワーリングのロープが短くて要救助者を地面まで下ろすことができなくても、下方の救助者がスナッチレスキューに替えて救助を続行することができる。

救助は、コレがだめならアレ、アレがだめならコレ、といった次の一手を考えておく必要があり、臨機応変な行動が求められる。

特殊な高層建築物の作業現場における救助は、消防のレスキュー隊よりも、作業チームのほうが専門でなければならないと思う。

吊り上げと吊り下ろしの救助が容易にできるペツルのジャグレスキューキットは、ひと現場に1セットは備えておきたい救助用具です。

定例の産業用ロープアクセストレーニング

9月28日、ビッグロック日吉店で、定例のロープアクセストレーニングを行いました。
北海道、群馬県、茨城県、東京都、千葉県、神奈川県から、12人のご参加を頂きました。
来年2月1日の政令改正と省令改正により、2022年1月2日以降、高さが6.75メートルを超える箇所での作業では、フルボディーハーネス「墜落制止用器具」の使用が義務付けられます。
産業用ロープアクセス(ロープ高所作業)でも一般の高所作業は行うので、器具の説明とリスクアセスメントを行い、事故を想定したチームレスキューの展示をしました。
詳細については、あらためて記したいと思います。
次回の講習会は、10月26日の予定です。
ふるってご参加ください。