IRATAで安全作業に取り組む風力発電事業会社

冬至というのに連日の暖気は風車で働くロープアクセステクニシャンにとっては有難いかぎりです。
今年は「IRATAのロープ高所作業はレスキュー可能で安全だ」という評判がひろまり、風力発電事業会社の保守メンテナンス事業部(4社)の方々がIRATAトレーニングコースにチャレンジし、国際ライセンスを取得されました。
11月19日から始まるコースにも、もう一社4名のご参加が決まっていますが、みなさん普段はスカイボックス等の重機でメンテナンス作業に従事されているので、高いところからロープで下降したことは一度もありません。
それでもIRATAのすごいのは、たった1週間足らずのトレーニングでロープ高所作業に従事できるようになることです。
なぜなら、IRATAの安全ルールの最大の特徴は「作業指揮者はレベル3」と決めている点で、レベル1(初級者)だけで作業することは認めていません。
したがって、現場で直接レベル3から教えてもらうことができ、新人でも安心して働くことができるのです。
レベル3はスーパーバイザーです。安全作業の全責任を負っていますから、働く人は安心です。
北海道の風車で、ロープ高所作業の難しい技術が必要なブレード点検・補修作業がありました。
作業はレベル1 二人が従事するのですが、荷が重いので、事前にビッグロック日吉店で特別訓練を施しました。
そして作業当日、ナセル上からロープで下降してもらいましたが、どんなに訓練を積んでも、はじめて高さ80mの空間に身を乗り出すのは怖いものです。
それでもレベル3が近くにいるだけで作業者は安心です。
作業終了後は計画したレスキューも実際にやって、救助訓練が実施できました。
救助方法はリグフォーレスキューです。
ロワーリング(ロープをコントロールして降ろす)担当はナセル上のレベル1、レベル3は地上から無線で指示を出しました。
救急車が現場に到着するまでに、要救助者をちゃんと地面に降ろすことができることを確認しました。
これなら作業をやらせる側もやる側も、共に安心です。
ご安全に

リギング

リギング 2

初めての下降

初めての下降 2

初めての下降 3

ブレードに作業者が取り付いています。

良い子はマネをしてはいけません。

訓練 救助:負傷して自力で登・下降できない!

救助訓練開始

要救助者を降ろす。

ストッパーノットでASAPの流れが止まる。

ダブルIDで降ろす。

さらに降ろす。

着地

 

 

 

送電線の鉄塔でロープアクセス

今月の作業は鹿児島県、三重県、和歌山県、北海道と、毎週ちがうところへ巡業ですが、特記すべきは送電線の鉄塔です。
日本国内で「IRATAの産業用ロープアクセス」が送電線の鉄塔で採用されたのは今回が初めてでしょう。
安全に作業するために欠かせないのが、ロープの切断防止措置と救助計画です。
当初はお家芸のリグフォーレスキューも考えましたが、ロープの取り付けはステージよりも下方の支柱と、ステージから数メートル離れた支柱で、そこまでのアクセスに必要なのがエイドクライミングで、作業者はロープからロープへの移動およびディビエーションの通過やリアンカー(リビレイ)の通過もするので、有効なのはスナッチレスキューです。
したがって、初級者レベルのテクニシャンだけでは太刀打ちできない。
某電力会社の鉄塔で「ブランコ作業」による塗装作業が行われた事例がありますが、果たしてレスキューもままならぬメソッドで、安全に作業できたのかどうか疑問です。
今でもやっているのかなぁ?
捕捉しますが、当該環境においてロープの切断防止で最も有効なのがディビエーションとリアンカーです。
なぜなら、ロープアを危険の源に接触させない方法だからです。
こんなんこと「ブランコ作業」では できっこありません。

第3回特別企画ロープアクセス講習会

9月21日、(株)アルテリアの訓練棟で、ロープアクセス講習会を行いました。
今回で3回目となる講習会は、受講者12人で、IRATAのレベル3が一人、レベル2が3人、8人がレベル1テクニシャンでした。
当該訓練棟は、国内では最も環境が整備されているので、普段できない大がかりなチームレスキューのトレーニングが可能です。
参加してくれた皆さん、お疲れさまでした。
講師のスミス君、教えるのが上手になりました。