アセスメント結果報告

秋雨前線の影響で気温がぐっと下がった9月1日、トーアス株式会社の訓練施設で、第32回IRATAトレーニングコースのアセスメントが開催されました。
アセッサーのマーク バレンタイン氏によって、7人のレベル1受講者の審査が行われました。
アセスメントは順調に進み、みなさん好成績で合格しました。
おめでとうございます。
最後にアセッサーの指示により、エッジマネジメント(切断防止の対策のヒエラルキー)の講釈をさせていただきました。
リスクアセスメントは大切です。

第32回IRATAトレーニング 4日目

8月30日、トレーニング4日目
産業用ロープアクセス技術として、教えることはすべて教えました。
しかし、受講者諸君が学んだことをちゃんとマスターできたかどうか、それはわかりません。
5日目のトレーニング(反復練習)で確認することになるでしょう。
IRATAトレーニングは最低30時間・4日以上と決めらえれていますが、トーアス主催の当該トレーニングコースは5日目のトレーニングがあります。