東京GCAのロープ高所作業特別教育

9月8日、板橋の都立職業能力開発センターにおいて、東京GCAのロープ高所作業特別教育が開催されました。
35人の受講者の多くは、当該作業の未経験者と初心者でしたが、わずか一日の講習で、なにが習得できるというのでしょうか?
じっさい、たった3時間の実技講習で当該高所作業の技術を習得させることは困難です。
国内法は「ロープ高所作業特別教育を受講しなければ作業に従事できない」と定めていますが、この法律は、技術のない者や稚拙な者でも特別教育を受講させたら作業に従事させてもよいというものではありません。
当たり前のことですが、そんなことをさせたら墜落災害が多発してしまい、大変なことになってしまいます。
ところが最近は、「当該特別教育を受講すれば作業に従事できる」と、勝手な判断をする風潮が広まっているように思われてなりません。
それが証拠に、事故が多発しているではありませんか!
ロープ高所作業特別教育講習会は、危ない人と危険な作業を増殖させているのではないかといえば、それは言い過ぎでしょうか?
無責任な講習会は罪作りです。
ちゃんと技術を習得したかったら、IRATAのトレーニングコスを受講すべきです。
来週はトーアス株式会社主催のIRATAトレーニングコース及びアセスメントが開催されます。
インストラクターで参加しますが、今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください